VHSに残された不気味な映像にはまだ続きがあった | POVオムニバスホラー『V/H/S ネクストレベル』

2018年11月27日

サムネイル

※ネタバレ含む感想なのでご注意下さい

作品情報

原題: V/H/S/2

監督:サイモン・バレット, アダム・ウィンガード, エドゥアルド・サンチェス, グレッグ・ヘイル, ティモ・ジャイアント, ギャレス・エヴァンス, ジェイソン・アイズナー

出演:ケルシー・アボット, ローレンス・マイケル・レヴァイン, アダム・ウィンガード

公開年:2013年

あらすじ

失踪した青年を探すよう、母親から依頼を受けた私立探偵の男と助手の女。彼らは調査のために、青年が滞在していたという古い一軒家に忍び込む。するとそこには、大量のビデオテープと血痕が…。戸惑いつつも手がかりを求めて、女はテープを再生し始めるのだが、そこに写っていたのは、想像を絶する恐るべき映像だった!やがて彼女は1本また1本と、取り憑かれたようにテープを再生していく…そして、遂に異変が起こる…。

予告動画

オムニバスPOVホラーの第2作

謎の家に残されたVHSを再生してみると、そこには理解不能な映像が映し出されていた。

人気POVホラー、『V/H/S シンドローム』の続編となる今作。前作以上にバラエティ豊でより恐ろしい描写が盛りだくさんの作品となっています。

前作、『V/H/S シンドローム』に関しては以下をどうぞ。

1. TAPE49

tape49

ビデオテープを再生する、各ストーリーの幕間的お話。前作でも例にしましたが、世にも奇妙な物語で言うところのタモリさんパート。

前作はバカな若者が老人が住む家から1本のビデオテープを盗み出そうとしていたのに対して、今回は私立探偵の主人公ラリーとアイーシャが失踪した青年を探すために家に忍び込む、というストーリー。

家も違うし目的も違うけれど、とある部屋で大量のテレビと大量のビデオテープを発見するということではほぼほぼ同じ。

前作は人が消えたり現れたり、各ストーリーが終わった後の最初の映像にインパクトがあったのに対して、今作は背後からじわじわと忍び寄る怖さに焦点が当たっています。

ビデオテープを見ているアイーシャの背後に映る扉。そして、そこに一瞬現れる謎の人影。はっきりと襲ってくるわけでもないけれど、ひっそりと背後に立つ人影というのは本当に不気味で怖い。

四つん這いで現れる人影は思わず声をあげてびっくりしてしまう怖さ。急に四つん這いで出てくるのは反則ですわ。

 

さて、怖さとは別に注目するべき点はアイーシャのかわいさ。ビデオをセットした後にちょこんと座るアイーシャの姿が超かわいい。

一番の見どころは1本目のビデオをセットした後のアイーシャの姿だと断言してもいい。

 

ラストはちょっと都市伝説にもありそうな終わり方。こういう怖さの演出はよく見聞きするけれど、改めて怖いと感じる。

かわいかったアイーシャが急にエクソシストするシーンにもご注目下さい。

2. PHASE I CLINICAL TRIALS

phase_i_clinical_trials

義眼にカメラを仕込んだ男のお話。義眼を付けてから、少しずつ変なものが見えるようになってきて・・・。

義眼カメラの良い点は、「どうしてそんな状況でも撮影を続けるの?」という、POVホラーに対する永遠の疑問を解消出来るところでしょうか。

目がカメラになっているんだから、何が起こっても映像は残るという行動の矛盾の無さ。ただ、これを見ていて気になったのだけれど、義眼とはいえ瞬きはするんじゃないのだろうか。所々点滅する時はあっても、全体的には瞬きしてる感じはないので、そこの矛盾が逆に気になってしまいました。うーん、不自然さを感じると気になってしょうがない。

さて、肝心のストーリーはというと、ぶっちゃけそこまで怖くはありません。振り向きざまに目の前に人が現れるという演出のみで怖がらせてくるので、ホラーに慣れていると特別注目するような演出もないかなぁと思ってしまいます。とはいえ、急に出てくるとびっくりするのは流石にびっくりしちゃいますが。

しかし、ラストに現れた人物は果たして誰だったのだろ。

3. A RIDE IN THE PARK

a_ride_in_the_park

ゾンビ目線の新鮮なPOV作品。

ヘルメットにカメラを付けて、早朝の公園を気持ち良く自転車で走ろうとしてたらゾンビに襲われてしまったかわいそうな少年。なんでゾンビが居たのかは聞いてはいけない。

ゾンビ化してしまった少年が次々に人を襲う姿をカメラ目線で見るのは新線。他にないんじゃないですかね、襲う側目線のPOVって。

最初に自分の肉を食べてみたり、襲った相手が落とした財布を食べてみたり、とりあえず何かを口にしようとする衝動に駆られる動きがちょっとコミカルで面白い。最初に襲った男女がゾンビ化したあと、みんなで仲良く別の集団を襲いに行くあたりも、なんか急に仲良しゾンビ軍団が楽しんでる映像に見えて笑ってしまった。

やっぱり、目線の人物に感情移入してしまうので、最終的に車に轢かれてしまう少年がちょっとかわいそう。

 

終わり方は、ちょっとだけ切ない。

4. SAFE HAVEN

safe_heven

おっさんのインパクトよ。

宗教団体へのインタビューのために、施設に入り込んだ撮影クルーたちを待ち受ける恐怖。インパクトで言ったら本作の中で屈指のストーリーではないでしょうか。

宗教に憑りつかれた人自体も怖いし、教祖のおっさんの血みどろ具合も怖いし、開かれた天国の門も怖い。まぁ、こういう場合の天国って大体そういうもんだよね・・・。

服に忍ばせた隠しカメラの映像がメインなのと、それなりに登場人物が多いので、最後の方でわちゃわちゃしてるシーンは今誰目線なのかわからなくなってちょっとこんがらがってきちゃう。隠しカメラも、そんな状況でなんで撮影続けるのっていう矛盾が無くなるので良いですね。この話も、隠しカメラの設定でなければ絶対に撮影してるのおかしかったはずだし。

ゾンビ的なグロさ、内臓が出たりするような演出はA RIDE IN THE PARKの方が強いけれど、血みどろ感はこちらの方が強い。

 

最後の「お父さん」ってセリフ、震えますよ。

5. SLUMBER PARTY ALIEN ABDUCTION

slumber_party_alien_abduction

♪エイリアン わたしエイリアン♪ by ナユタン星人

一風変わって、エイリアンが登場するSF作品となっております。目線はペットのワンちゃん。首輪にカメラ付けてるのかな?

姉と彼氏のセックス中に部屋に突入して暴れるバカな弟とその友達。リビングで友達と一緒に寝ている時に自慰行為をしている弟を撮影する姉と彼氏。とりあえずおバカなことして楽しんでいる少年少女達が謎の光と共に現れるエイリアンに襲われる様が描かれています。

楽しく遊んでいた湖、水中で戯れている時に一瞬映るエイリアンの怖さ。突然映るから怖いの。っていうかなんで水中で静かに待機してるんだエイリアン。

せっかくワンちゃん目線なのに、最終的にはワンちゃんを抱えて逃げることになるのでせっかくの設定が生かし切れてないてちょっと残念。

勝手に動き回るワンちゃんの目線で何かが起こってくれたらよかったのに。

ありきたりな内容なので、個人的には今作の中では一番つまらないかも。

評価

★★★☆☆:3点

各ストーリー、それぞれジャンルが違うので、オムニバス作品として非常に楽しめる作品でした。

Amazon プライムビデオで有料公開中

2018年11月20日時点では、Amazonプライムビデオにて540円で閲覧可能です。