暴走した正義の心が行きつく先とは | スリラー『スーサイド・ライブ』

スーサイドライブ

KEI
もし自殺を見世物にした番組があったら、あなたは見たいですか?もしくは、大勢の人に見られながら自殺することを望みますか?

 

あらすじ

視聴率獲得に苦戦している放送局WBC。そんな中、アダムが司会を務める番組で、出演者が精神的に追い込まれ生放送中に自殺をしてしまう。罪の意識に苛まれるアダムだったが、番組は高視聴率を記録。これに味を占めたプロデューサーのイラナは、リアルタイムで自殺の瞬間を放送するという前代未聞の番組を企画するのだった…。

予告動画

作品情報

原題:This Is Your Death

監督:ジャンカルロ・エスポジート

キャスト:ジョシュ・デュアメル, ジャンカルロ・エスポジート, ファムケ・ヤンセン, ケイトリン・フィッツジェラルド, サラ・ウェイン・キャリーズ

公開年:2017年

深いメッセージ性のある作品

パッケージを見ると、頭のネジが10本くらい外れたとんでもないテレビ番組製作者が視聴率のために「自殺」を見世物にした番組を作って暴走する内容に思ってしまいそうですが、実はメッセージ性のある予想以上に深い作品でした。

主人公のアダムが司会を務めていたテレビ番組「大富豪の花嫁」の最終回から物語は始まります。この番組は、最近で言うところの『バチェラー』を想像して貰えれば早いかと。二人の女性が、一人の男性と結ばれるために切磋琢磨して行くバラエティ番組。男性が花嫁となる女性を選んだ直後、選ばれなかった方の女性が拳銃で男性を射殺。その後自殺するまでの一部始終がテレビで放送されてしまいます。

アダムは、自らの番組で起こってしまった悲劇に悩まされる日々を送ります。

そんなある日、プロデューサーのイラナからとある番組の構想を打ち明けられます。それは、「自殺をライブ放送」するという番組。自殺が認められているこの州では、人が介在しない本当の自殺であれば法的に問題もありません。

当然、最初はバカバカしいと思っていたその番組内容。しかしいつしか、「ライブで放送することで自殺を無駄にさせない」、「生きる意味を見つけるために世間を目覚めさせる」という大義名分のもとに、共同制作者となるシルヴィアとともに番組を開始することになるのです。

果たして、二人が行きつく先にはどんな結末が待ち受けているのか。

徐々に暴走し始めるアダムの心

アダムも所詮は人の子。番組も回数を重ねるうちに視聴率を気にするようになってきます。当初は「人のため」に自殺を放送していたにも関わらず、いつの間にか「自分のため」に自殺を放送するようになっていきます。アダム自身にはもしかしたら最後まで、「人のため」であったのかもしれませんが。

いつの間にか完全に「ショー」となってしまった番組。アダムとシルヴィアの番組に対する気持ちにも次第に亀裂が入りはじめ、いよいよシーズン1の最終回に驚愕の結末を迎えることとなるのです。

「人のため」に自殺を無駄にしてこなかった(と思っている)アダム。決して自殺をすることで「誰かが悲しむ」ということに目を向けてこなかったアダム。自らが「自殺」の本当の恐怖や悲しみを味わった時、我々も同時に恐怖や悲しみを味わうことになります。

そして、心のどこかでほっとするのです。やっと現実を見ることが出来たアダムに対して。

メイソンという中年の人生

番組を作る側のアダムとシルヴィアの視点とは別に、非常に苦しい生活を強いられているメイソンという人物の視点も本作では描かれています。年齢のせいで仕事にありつけず、借金により家族との距離が徐々に離れてしまうかわいそうな人物です。

一生懸命働いていた派遣会社をクビにされ、一向に定職に就くことが出来ないメイソン。子供達に嘘をついて生活せざるを得ないその状況は、見ているだけで心が締め付けられるような苦しさを覚えます。

いつの間にかショーと化してしまっていた自殺番組。参加して視聴者からの票が得られれば賞金が振り込まれる内容に対してもずっと冷めた目で見ていた彼も、最終的に家族を救いたい一心で番組に参加することとなります。

彼が参加することとなったシーズン1の最終回。アダムにとっても転機となったこの放送で、メイソンは視聴者にどんな変化をもたらすことになるのか。

自殺の手助けしてませんか?

さて、「自殺」であれば問題ないとして放送しているこの番組ですが、明らかに自殺の手助けしてませんか・・・?自殺の準備を手伝うことは問題にならないのだろうか・・・。

車での一酸化炭素中毒や酸のプール、爆発による死亡なんて、果たして自殺と呼べるのかどうか。そりゃ最後の一歩を踏み出すのは自分自身なので自殺になるのでしょうけれど、あまりにも方法がぶっ飛び過ぎてて完璧にアウトだと思うのですが。まぁそこはアメリカ、自由の国ということで・・・。

KEI
酸のプールに飛び込み自殺した人、なんでそんな辛そうな死に方を選択したんだ・・・。

ケイトリン・フィッツジェラルドがキュート

シルヴィア役のケイトリン・フィッツジェラルドがとてもキュート!

ケイトリン・フィッツジェラルド
表情や仕草がとてもキュートでかわいい

スラッとしたスタイルでかわいらしく微笑むその顔にやられてしまいました。

KEI
このケイトリン・フィッツジェラルドはかっこいい!

 

アダムと共に自殺番組を制作しているシルヴィア。完全に狂った番組を作っていながらも、シルヴィアは最後まで理性を失わずにアダムと共に仕事をこなしていきます。

シルヴィアが最後にとった行動も決して正しいことではなかったでしょうが、それもまた「人のため」であると言えましょう。

評価

★★★★☆:4点

KEI
「自殺」から「生きる」ことへの意味を考えさせられる良い作品でした。しかし、決してハラキリは日本の伝統ではないことは声を大きくしてお伝えしたい!(笑)