ついにその恐怖は時空を超える | POVホラー『パラノーマル・アクティビティ5』

2018年10月30日

タイトル

トビーかっこいいじゃないか!!

※ネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

あらすじ

あなたはついに“超常現象”の実体を目撃する。一組の夫婦が“あの家”に越してくる。彼らはそこで怪しげなビデオカメラを発見。カメラに映し出された邪悪なものの存在に生活を脅かされ始める。

予告

遂に明かされるトビーの姿

パート2あたりから存在感を示しているトビー。今まで子供達にしか見えていなかったその姿が遂に明らかになります!

とりあえずパート3の内容を思いっきり引きずっているので、見たことが無い方はせめてパート3だけでも見ておくことをお勧めします。

思ったよりかっこいいぞトビー!!お金の力を感じるぞトビー!!

海外の人達の「悪魔」と「悪霊」の区別が良くわからないのですが、トビーは悪魔というより悪霊なんじゃないでしょうか。あの姿を見る限り。

予告にもちょいちょい出てますが、その姿はハリーポッターの幽霊みたいなやつ、ディメンター?に似ています。

地に足着いた、ドッシリとした感じがないので勝手に悪霊かなと(個人的に悪魔は幽霊と違って物理的に襲ってくるイメージがあります)

アニメとかゲームに出る敵キャラのように、黒いもやもやが人型になっていてかっこいいので、厨二心を非常にくすぐられます。

今までのシリーズと同じ怖さを期待してはいけない

基本的には定点カメラで超常現象を捉えていくことになるのですが、過去の作品ほどそれに重点は置かれていません。

家の中から見つかった謎のカメラにだけトビーが映るという設定なので、基本このカメラを持ってトビーの影を追おうとするため、「幽霊が出る廃墟に潜入してみた」系のPOVホラーと同じような演出になっています。家の中という狭い空間だけしか動き回らないので、そういう意味では他の探索系POVよりつまらなさを感じるかもしれません。

突然出てくるトビーにびっくりするのが主な恐怖ポイントとなります。怖い、じゃなく、ビックリがメインですね。

まさかのタイムリープ物

パート2から登場している主要人物、ハンター君が今作も出てくるのですが、なんと登場するのはハンター君が生まれるより遥か昔に撮られたはずのVHSの映像。

どうやら、ケイティとクリスティを洗脳していたババァ達集団は時空を超えてトビーに肉体を与えようとしていたのです。

とんでもない方向に話が進んだもんだ。

ほんとネタが尽きてきてるならもう作らない方が良いのではないだろうか。

というか、ほんとケイティとクリスティはどの時点で記憶を失って大人になっていったんだ・・・。めちゃくちゃなことやってるじゃないか君たち・・・。

死に方が雑

全体的に登場人物の死に方が過去に比べて雑じゃないかと思います。雑というか、トビーが本格的に力を発揮しすぎというか。

謎の触手に連れ去られる神父、憑りつかれて謎の液体を吐き出す美女、その液体がかかって死ぬ奴、急に腹を刺されるお父さん。

パラノーマルアクティビティに期待しているのはそういうのじゃないという残念な感情の方が強いです。

ストーリー自体は4よりも個人的には好きなので、肝心な部分で怖さを感じられないのは非常に残念です。

今作の美女情報

なぜかパラノーマルアクティビティの記事では謎のセクシーさを推していますが、今作はスカイラー役のオリヴィア・テイラー・ダドリーさんをご紹介します。

(Gettyに載ってる写真って、全体的に老けて見えません・・・?)

スカイラーは、なんと言ってもおっぱいが大きい。すごく大きい。

恐怖の中にある癒しです。

まだまだ続編作れそう

恐らく謎の儀式が完了し、肉体を手に入れたであろうトビーの一部だけが映って終わるので、続きを作ろうと思えばまだまだ作れるような終わり方をしています。

でもトビーが肉体を手に入れちゃったから、もし続きが作られたら完全に化け物に襲われる系ホラーになってしまうでしょうけれど・・・。

パート1が世界的に評価が良いので、これ以上この作品を変な方向に持って行ってしまうくらいなら、ここら辺で終わらせてくれた方が良いと思いますが。

Amazon プライムビデオでは有料公開中

2018年10月2日時点でプライム会員であれば会員特典として見ることが可能です。