恐怖はここから始まった | POVホラー『パラノーマル・アクティビティ2』

2018年10月30日

タイトル

夫婦だけの恐怖から、家族への恐怖へ。

※ネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

あらすじ

「パラノーマル・アクティビティ2」は、前作「パラノーマル・アクティビティ」と同様に革新的な作品だ。”* ダニエルとクリスティに赤ちゃんが生まれた直後から、彼らは家で悪霊による恐ろしい体験に苦しむようになる。幸せな一家の生活は逃れようのない悪夢へと変わってしまう。恐ろしい体験をとらえた監視カメラの映像により、全編を通じてその恐怖がリアルに伝わってくる。映画評論家は“見たら眠れなくなる”**と警告する。「パラノーマル・アクティビティ2」の最後のシーンの衝撃は、いつまでも観客につきまとうからだ。

予告

前作の前日譚

前作から少しだけ前のお話。今作の主人公は前作の主人公ケイティの妹、クリスティ。

このクリスティ達一家が謎の超常現象に襲われていくのが今作のお話。

なお、前作の感想は以下からどうぞ。

ケイティの身の回りでおかしな現象が起こり始めた原因が明らかになります。思いのほかうまくまとまっているのがなんか悔しい・・・(笑)

ターゲットはクリスティの子ども

今回メインで狙われるのはクリスティの子ども、ハンターなんですが、大人しく立ったり歩いたりしていてえらいなと。いや、すごいリテイクを繰り返しているんだと思うのですが。

とりあえず怖いとかそういうものは別として、ハンターと犬だけで映っているシーンは本当大変だったんだろうなって、謎の感動を覚えます。

きっとハンターがうまく出来た時にワンちゃんがミスったり、逆にワンちゃんがうまく出来たときにハンターがミスったり、絶対監督はイライラしていたと思います。私ならきっとイライラする。

さて、今回謎の悪魔がハンターを狙うのにもちゃんと意味が設定されていて、ちゃんと作り込まれています。

謎の儀式を行った一族に最初に生まれた男の子を狙うそうなのですが、その最初の男の子がハンター君になるわけです。儀式とかは、きっと3で描かれると思います。ケイティとクリスティが子供の時の話になるので、3は。

よりパワーアップしたドキドキ感

前作はものすごくビックリさせられるシーンというのは少なかったのですが、今作は結構ビックリポイントが多い気がします。

食器棚が一斉に開くシーンはまじで心臓飛び出るかと思った・・・。

ラストの方ではPOV作品恒例の暗視モードによる暗い部屋での恐怖演出なんかもあったりして、結構怖いです。

最初の方が間延びしている分、後半に恐怖がギュッと詰まっていて良い感じです。

ケイティは相変わらずグラマラス

ちょいちょい登場するケイティですが、相変わらずグラマラスな体をしておりまして・・・。

絶対に狙っているだろ監督!

怖さの中にあるちょっとしたエロ、大切です。

見て損はしない続編

大体2作目は駄作になることが多いというのがセオリーですが、これは見ても損の無い内容になっていると思います。

本当に前作との繋がりに違和感がないので、前作が気に入った方は見た方が良いです。果たして3はどうなるのか。

評価

★★★☆☆:3点

Amazon プライムビデオで鑑賞可能

2018年9月27日時点でプライム会員であれば会員特典として見ることが可能です。

POV, ホラー

Posted by keikei