怨霊塔の呪いが親族をも巻き込む | POVホラー『怨霊ノ家 呪界地獄入ルの恐怖』

2018年10月30日

タイトル

タイトルの意味するところはよくわからない。

※ネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

あらすじ

全ての都市伝説の発生源だと指摘する塔で、ホラーを撮影した波多野美希、小糸綾子、田口清隆監督らのその後を追う。霊感を持つ奇怪な小糸の老婆が全員を小糸家に集め対策を思案するが…密室と化した小糸家で、老婆は怨霊達の暴れる姿に原因の謎を見付ける事が出来るか…!

予告

パラノーマルアクティビティを意識した?

前作の感想はこちらをご覧ください。

 

前作は廃墟を舞台にした都市伝説の調査、という内容でしたが、今作は出演者の一人である小糸綾子さんの祖母に、憑りついてしまった何かを対処してもらうため実家へ向かうという内容になっています。

規模がかなり小さくなっているが大丈夫か?

冒頭の定点カメラの映像に始まり、今作はパラノーマルアクティビティのような作りとなっています。

とはいえ複数のカメラの映像を一気に映すため、どこに注目していいのか混乱してしまうのが残念な部分でしょうか。

内容1

4つのどこで何が起こっているのか見つけようとするために視線があっちこっち移動することになるので、ちょっと疲れます。

1台ずつ映してもよかったんじゃないかなぁ。

愛着が沸いてくる出演者

なんでしょうか、前作から続けて見てると出演者のみなさんへ非常に愛着が沸いてきます。

「なんでそんなことするの!?」とか、「演技してる感がすごくありません!?」とかツッコミどころは非常にたくさんありますが、そんな彼女達を見てるとちょっとほっこりしてしまいます。

ホラー映画なんだけど、良いのだろうか。

前作よりレベルダウン?

今作も所々変なものが映っていますが、前作より少ないと思います。私が見つけられなかっただけ?

トイレのとことかは、はっきり映りすぎてて逆に怖い。

最終的になぜか小糸家に「前作のラストに登場したもの」が存在していることが発覚し、みんなそれに憑りつかれて阿鼻叫喚となっていくのですが、なんでソレが小糸家にあるのかも不明だし、設定の無理矢理感が否めないのでストーリーとしても弱いと思います。

どうせならもうちょっと続編を出してくれても良さそう。

評価

★☆☆☆☆:1点

Amazon プライムビデオで鑑賞可能

2018年10月16日時点でプライム会員であれば会員特典として見ることが可能です。