ありとあらゆるオカルト現象が巻き起こす最悪の事件 | POVホラー『オカルト』

オカルト

KEI
新井浩文氏の影響で公開中止になってしまった”善悪の屑”の監督を務めた白石晃士さんの作品。善悪の屑楽しみだったのになぁ・・・。

 

あらすじ

映画監督、白石晃士は以前からある事件に並々ならぬ関心を抱いていた。2005年、とある観光地で起きた無差別殺人である。犯行直後に犯人が海に飛び降り、自殺。しかも、その死体が発見されていない為、未解決のままになっているこの事件を究明すべく、取材を開始した

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88-%E5%AE%87%E9%87%8E%E7%A5%A5%E5%B9%B3/dp/B07GDSVXTY

予告動画

作品情報

監督:白石晃士

キャスト:宇野祥平, 篠原友希子, 野村たかし

公開年:2008年

登場人物

白石晃士

監督ご本人。妙ヶ崎という場所で起きた無差別殺人事件のドキュメンタリーを撮るべく駆け回る。

後述する江野と共にとんでもないことに手を出してしまう。

江野祥平

妙ヶ崎で起きた無差別殺人事件の生き残り。

その時の犯人であった松木に襲われた際、体に謎の模様を掘られ、とある言葉を託されて生き残る。

日雇いの仕事で日々の暮らしを賄っているが、事件当事者としてドキュメンタリーの制作に協力することとなる。

が、調子に乗って焼肉で暴飲暴食をし、酔っぱらった勢いで女性スタッフに暴言を吐いたりするなど、かなりのクズである。

ラストに向けてどんどんクズ度が増していくので期待しよう。

若槻彰

ドキュメンタリー作品のプロデューサー。

江野の態度を大人な対応で対処する。

いずれストレスで体を壊しそう・・・。

感想

無差別殺人事件が起きた”妙ヶ崎”というのは、静岡県は伊豆の城ケ崎海岸である。

この作品を見るちょっと前に丁度旅行で行ったところだったので、なんか妙な感覚になってしまいました。

知ってる場所がロケで使われていると、なんかむずむずしますね。

 

オカルトというタイトルを表すように、予知夢や幻聴、果てはUFOまで、さまざまなオカルト現象によって妙ヶ崎に訪れることになった事件の被害者達。

襲われながらも生き残った江野くんを中心に物語は展開していくわけですが、江野くんがあまりにもクズすぎるので見ているときはずっとイライラしっぱなしです(笑)

2008年当時は社会問題でもあったネットカフェ難民の江野くん。

事件後に奇跡が起きるようになったという言葉を信じた白石さん達からドキュメンタリーの手伝いを求められた彼は、その”奇跡”をカメラに収めることで報酬を得ることになったのですが、まぁ初めから調子に乗っていて腹が立つ。

手伝う代わりに事務所に寝泊まりさせてくれとか、せっかくもらった報酬でスタッフみんなに焼肉をおごろうとする調子の良さとか、もうなんか立ち振る舞い全てに腹が立つ!

終始恐怖よりもイライラが募るので、なんかコレジャナイ感がすごい。

 

松木から「次は君の番」と言われた江野くんは、神の世界に行こうとして無差別大量殺人を巻き起こそうとします。

その真相を知った白石さんは説得するはずがなぜか彼の言葉に賛同し始め、ついには共犯になってしまいます。

スタッフが来る事務所で爆弾を作るんじゃない・・・。

 

人を大量に殺し、自らも自殺することで向こうの世界へ行けることを信じた江野くんは渋谷のスクランブル交差点で爆弾を爆発させ向こうの世界へ。

共犯として捕まった白石さんは21年の刑に処すこととなります。

21年の刑を処されてるあたりからモキュメンタリーの体は完全に崩れていく気がしましたが、もう全体的に面白いことになっているのであまり気にしないようにしましょう。

 

向こうの世界に着いたら、向こう側からカメラを渡してくれると約束した江野くん。

言葉通り、刑期を終えた白石さんの目の前にカメラは現れます。

カメラに映し出されていたのは、フラッシュ全盛期に見たことがあるような子供だましのような不気味な世界。

笑っていいのか怖がっていいのか迷うからそういうのははっきりしてほしい・・・。

評価

2点:★★☆☆☆