とある村に伝わる「かぐたば」の呪いを紐解く | POVホラー『ノロイ』

2018年10月30日

タイトル

※若干のネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

こんな人におすすめ

  1. ビックリ系ではないホラーを望んでいる方
  2. 都市伝説が好きな方
  3. ファイナルファンタジー10が好きな方(特にリュックが好きな方)

あらすじ

2004年4月、1人の怪奇実話作家が「呪い」をテーマにしたドキュメンタリーを完成させた直後、失踪した。『ノロイ』と題されたその作品は、あまりにも衝撃的な内容のために発売が見送られた・・・。そしてついに、この問題作をあなたは目撃する!

予告

モキュメンタリーの質がすごい

小林雅文という人物が制作した心霊ドキュメンタリー作品、「ノロイ」を見るという設定なのですが、この「ノロイ」のモキュメンタリーの出来が非常に高いです。

偽物のテレビ番組の一部や、ニュースの一部などが差し込まれているのですが、飯島愛やダンカンなどを使っていて、実際にありそうなバラエティー番組感がものすごいです。本当に放送してたんじゃないだろうか。

怪奇現象のインタビューシーンなど、登場する人全ての演技に違和感もなく、全てが自然。

海外のビックリする系ホラーに疲れてしまった人にはものすごいおすすめ出来る作品です。

ビックリするようなシーンはほとんどなく、ずーっと気持ちの悪い不気味さで我々を恐怖に陥れて来ます。

キチガイと言われる人

霊能力者として登場する堀という人物、アルミホイルで家をガードしていたり、「霊体ミミズ」に襲われるとか騒いでいて、完全にキチガイに見えてしまいます。

堀さんの演技、本当にやばい人にしか見えなくてある意味惹き込まれます。かっこいい役だったりかわいい役だったりじゃなくて、こういうヤバイ役が出来る役者さんて本当にすごいなと思います。

やりすぎな感じもするのですが、その他に作り物感があまり出ていないので、いつの間にかこの堀さんのヤバさも普通に思えてきます。

突拍子もない人物も自然に見えるすごさ。

あのキャラの声優さんも出演

松本まりかさんという女優さんが出演されているのですが、この方、ファイナルファンタジー10のリュック役の声優さんとして有名ですね。

当時、リュックの声優さんが出てるってことでゲーム好きの間で少しこの作品が話題になったような記憶があるのですが、どうだったでしょうか。

Wikipediaで見てみると、すごく女優としても声優としても活躍されているようで、何故か私が嬉しい気持ちになっています。

この作品では非常に重要なポジションで出演されているので、是非ご覧ください。ご本人もものすごくかわいい。

かぐたばの設定

「かぐたば」という呪いの存在が徐々に明らかになってくるのですが、その設定も、本当にあったかのように思ってしまいます。

資料であったり、儀式の方法であったり、調べたら本当に出て来そうなものばかりです。

「禍具魂」とされていたものが「かぐたば」になるのですが、この「禍具魂」って感じが厨二っぽくてたまりません。

パッケージにも写っているお面なんて、よくこんな不気味なものを作れたなと感心してしまいます。これ見てるだけで怖いもの。

終盤、かぐたばの化身?みたいな物が映りますが、あれはちょっとやりすぎな感じはしました。そこだけ、そこだけ残念かな。

最後の最後まで怖い

「ノロイ」という作品が作り終わった後、小林さん宅が燃え、小林さん自体は行方不明になってしまいます。

最後は、この小林さんからビデオカメラが送られてきて、そこに残されていたテープの内容が映し出されるのですが、これがまた怖い。

かぐたばの呪いが無くなったと思いきや、まだ終わっていなかった絶望感。立ち尽くす子供の顔。そして炎に飲まれる小林さんの奥さん。

ラストに訪れる怒涛の恐怖映像は怖さと共に謎のスッキリ感も味わえます。

スタッフロールも無くビシッと終わるのも良し。POV作品でスタッフロール流れると興醒めしてしまいますが、9割は流れるので毎回残念に思います。

最初から最後までぎっしりと恐怖が詰まったこの作品、POVが好きでない、通常のホラー好きの方にも非常におすすめ出来ます。

評価

★★★★☆:4点

閲覧はディスクのみ?

本作は2018年10月22日時点でどのオンラインサービスでも公開していない模様?

お近くのレンタルショップでレンタルするか、購入してください。