そのお化け屋敷を探してはいけない | POVホラー『ハロウィン・レポート』

2018年10月30日

タイトル

海外のハロウィンは流石にレベルが違うぜ!

※ネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

あらすじ

ハロウィンの時期になると、アメリカの各地では数多くのお化け屋敷が出現し、地元民や観光客で賑わうのが通例である。しかし、本場アメリカのお化け屋敷では、オバケを演じる役者たちの度が過ぎて、トラブルになってしまうことも多々あるという。しかし、ザックやマイクたち5人の仲間は、どこにでもある普通のお化け屋敷に飽き飽きしていた。そこで、巷で噂される究極のお化け屋敷「青い骸骨(ブルー・スケルトン)」を探し求め、アメリカの各地を旅することにする。ハロウィン当日が近づく中、ザックがついに「青い骸骨」の情報を手に入れるが-。

予告

お化け屋敷が舞台のビックリ系映画

ハロウィンの季節になると出現するお化け屋敷を巡るホラー映画。

ということで、本当にお化け屋敷に入ったかのようなビックリするシーンが序盤からたくさん出てきます。

怖い、というよりビックリがメインなのでホラーが苦手な人でも見やすい映画ではないでしょうか。

まぁ予告のサムネイルが既に怖いですけどね。

予告詐欺にビックリ

予告を見てもらいたいんですけど、結構怖そうじゃないですか?予告の作りすごく良いですよね?

でも、本編はそんなに怖くないんですよ。

思った以上に後半失速していくのでビックリしますよ。そういうビックリはいらない。

序盤の方が面白い

行く先々でお化け屋敷に突入していくのですが、序盤のシーンの方が面白いという残念な展開。

普通にお化け屋敷に入ってるみたいでビックリしてしまいます。映像で見てても、壁から突然人が飛び出してくるのはやっぱりビックリしてしまいますね。恥ずかしい。

中盤までいろいろなお化け屋敷が出てくるし、テンポもいいので前のめりになって作品を見ていられるのです。

しかし中盤以降になると、突然テンポが悪くなります。

謎のお化け屋敷、”青い骸骨”に近づくにつれて身の回りでおかしなことが起こり始めるのですが、それ自体に怖さやビックリする要素はありません。

不気味さは出てくるのですが、正直序盤のお化け屋敷内のシーンの方が面白い。

“青い骸骨”のメンバーに直接襲われる時も、他のホラー映画のように追い掛け回されてハラハラするようなこともないし、突然人が飛び出してきてビックリするようなシーンもない。

襲われてからはちょっとグロい展開になったりするのかとも思ったのですが、そんなこともない。

そう、後半になると「何もない」映画になってしまうのです。

予告を見て期待が高まっていた分、残念感がハンパありません。

あまり期待せずに見た方が良い作品です。

実際お化け屋敷が増えるの?

日本のハロウィンはいつのまにか仮装行列するのが恒例になってきていますが、実際アメリカではハロウィンにお化け屋敷が増えるの?と思ってちょっと調べてみました。

事実、ハロウィンでは農場等でお化け屋敷を催すことがあるそうですね。やる気マンマンの人だと自分の家をお化け屋敷にする人もいるのだとか。

一部ではもしかしたら、本当にお化け屋敷の中で事件が起きていたりするのかもしれませんね。何が起こるかわかりませんから。

日本では夏の風物詩、アメリカでは秋の風物詩ということで、ちょっとした豆知識を得ることが出来ました。ありがとう。

評価

★☆☆☆☆:1点

予告見たらすごい面白そうだったのに・・・。

あ、配給会社がアルバトロスだったの忘れてた・・・!

Amazon プライムビデオで有料公開中

2018年10月9日時点では、Amazonプライムビデオにて399円で閲覧可能です。