フィンランド人に食人習慣があるって知ってました? | POVホラー『フィンランド式残酷ショッピングツアー』

サムネイル

※若干のネタバレ有りの感想なのでご注意下さい

あらすじ

隣国フィンランドへのショッピング・ツアーに参加した母と息子。 息子はスマホのカメラで旅行の様子を撮影していた。 大きなショッピング・モールで買い物を楽しんでいると、閉店時間でもないのに、店のシャッターがガラガラと閉まる。 姿を消した店員たち!突如店内に響く叫び声!血まみれのツアー客! なんと店員や現地の住人が、人間を貪り食っていたのだー!

予告

タイトルのインパクト大

始めて見たのは数年前なのですが、ショップで『フィンランド式残酷ショッピングツアー』というタイトルのインパクトの強さに即レンタルしました。絶対内容気になるじゃないですか!

ちなみに原題は『SHOPPING TOUR』ということで、フィンランドが残酷であることは明記されていません。相変わらずのビックリ邦題です。会議で邦題決める時にどうやったら『フィンランド式残酷』なんていう枕詞が付くようになったのか。

タイトルに反して内容は暗め

タイトルだけ見るとバカみたいなB級パニックホラーのような内容を想像してしまいますが、意外や意外、結構暗い。

ふざけた主人公がふざけたゾンビたちにバカみたいな音楽がかかる中襲われるような映画を勝手に想像していましたが、まず主人公が暗い。

ロシア人の母子が主人公なのですが、父親の死を堺になのか、元々なのか、非常に仲が悪い。禁煙を約束したのに破る母を責める息子、隠れてビールを飲んだことを責める母。非常に険悪なムードのままフィンランドでのショッピングがスタートします。

ちなみにこのショッピングツアー自体も息子に黙っていたせいで、ものすごく母は怒られます。

パスポート持って買い物に付き合わされるだけだったら、そりゃ怒るわ。

ゾンビ(正確にはゾンビじゃないけど)も、低予算のためか大量に出現するわけでもなく、少しだけ目にする程度。実は主人公母子が遭遇するゾンビも数えるほど。パニック映像もそんなに多くないのです。

静かなフィンランドの地で、危機に瀕しながら少しずつ変わっていく母子の関係を見る、そんなヒューマンドラマが本作のメインな部分なのです。

フィンランド人の食人習慣

さて、フィンランドで二人が襲われるのはゾンビではなく普通のフィンランド人達。

フィンランド人は毎年夏至前夜祭になると、外国人を食べなければいけないのです!

フィンランドにそんな風習があるなんて知りませんでした!怖い、フィンランド!

そんな設定にしてフィンランド人怒らないんですかね。

ちなみに夏至祭というものを知らなかったのですが、ヨーロッパでは結構盛大に行われているようですね。

69分という短時間作品

作品が69分という短い時間なので、ちょっとした空き時間に見るのに最適です。

ビックリシーンやグロいシーンも少ないのでホラーが苦手な人にもおすすめ。

ただ、スマホで撮影している体なので画面揺れは激しいため、POVに慣れていない人は酔ってしまうかもしれません。その点だけご注意ください。

評価

★★★☆☆:3点

予想とは違うけど、静かな中逃げ惑う母子を見ているのは物語としてすごく楽しめます。

Amazon プライムビデオで有料公開中

2018年11月5日時点では、Amazonプライムビデオにて400円で閲覧可能です。